存在理由

存在理由

 

自分の価値を分からずに生きるのは

とても悲しい事です。

どこに居ても何をしていても

自らの価値を失ってはいけません。

価値を失うというのは

すべてを失うようなものです。

自分の存在理由を忘れた状態で

人の期待に添うように生きていく

世間の欲に合わせて生きていくのは

とても悲しいです。

人は自らの価値を見出した時に

希望を持ちます。

あなたが自らの価値を見出すことを願っています。

一指 李 承憲

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう