いかなごのくぎ煮

こんにちわ、イルチブレイン垂水スタジオです。

今年もこの季節になりました。

春を呼ぶ魚、いかなごです。

3月になると魚屋さんの前には、いかなごを求めるお客さんが、ずらっと列をつくって並びます。いかなごがまだ到着していないのに。

いかなごが到着すると買って帰りすぐにいかなごを煮ます。いかなごは鮮度が大事だからです。

すごい人になるとシーズン中に20キロ、30キロと煮ます。

そのほとんどが、親戚や友人に送ってあげるためで、待ってくれているから、毎年のことだからと、皆さん同じようにおっしゃいます。

他人に送ってあげるために、長い列を作って買い求め、いかなごを煮ている姿は素敵ですね。

この地域では、昔から受け継がれているようです。

母から子へ。また、その子が母になり、その子へ。

その気持ちまで受け継がれていることが素晴らしいです。

この地域のとても良いところです。

今日も魚屋さんの前には、朝から行列でした。(笑)

この風景に何となく顔がほころんでしまいます。

そしてお昼頃には、何処からともなくいかなごを煮ている匂いがしてきます。

何とも言えない幸せな匂いです。

あなたも、今年のいかなごを召し上がりましたか?

 

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう