健康になるウォーキングの仕方

【ジャンセンウォーキング】長寿歩行

ジャンセンウォーキングは、足の指・足の裏を意識して、足で大地をつかむ気持ちで歩く歩行法です。

足のツボを刺激し、脳を目覚めさせることができます。

私たちのココロの状態は歩き方によく現れます。逆に歩き方は精神に影響を与えます。
姿勢を正して楽しく歩くとエネルギーが湧いてきて、気分も明るくなっていきます。

反対に、不幸なときは背を丸めた力のない歩き方になっているでしょう。

「歩く」行為を、移動手段ではなく健康手段として意識することで、行動や性格が変わり、人生まで変えることができるのです。

☘️体が健康になると幸せになります。
幸せになると心が平和になります。
そうなると、家族や周りの人によいエネルギーを与えることができるようになります。それがパワーです。

ただ、健康法を伝えているのではなく、

「自分と社会と人類を生かすこと、自分や周りの方々、社会、地球をヒーリング出来ること。」
そんな方が沢山増えること。

それが私の夢です。

 

康 #ウォーキング #垂水 #トレーナー募集 #一緒に #スタジオを助けて下さる方#募集中 #ヨガ

スタジオで体験出来ます😊

1週間試せば、体の不調は自然に無くなります♪

ぜひ、お待ちしております♪

 

リラックスした集中

「リラックスした集中」

という言葉はとても矛盾しているように感じますが、緊張はほぐれている中で、意識が1箇所に留まっている状態です。

この状態でこそ、体の新しい感覚が目覚め、エネルギーの流れを感じることができます。

 

【ベータ波】日常的な活動に集中しているとき、否定的な感情を強く感じる時に現れます。

【アルファ波】落ち着いた平静の状態を維持しながらも、高度な覚醒状態にある場合。

アルファ波の状態がまさに、「リラックスした集中」です。この状態は、脳波の安定と同時に、楽な気分と充実感、そして幸福感を高めます。

※このためには、まず外部に向かった意識を、内面に向けなければならない。五感と思考と感情に動揺してはならないが、このすべての過程を止感といい、深い集中を通して自分の内面の新しい感覚を経験することになる。多くの方が、やっても来ない未来のことを期待したり心配したりしています。現在に意識があるとしても、周りの人や環境に心を奪われ、行く当てももなく入っていく場合が多くみられます。

今現在という時間に、自分の体という空間に、意識を集中することが、止感の始まりです。

イルチブレインヨガでは、止感トレーニングを取り入れています。

どんな方でも、エネルギーを感じることができ、「リラックスした集中」を体感、体得できます。

その感覚を通じて得た穏やかですがすがしい意識を、日常生活の中でも維持できるようになります。☘️

よく眠れない方、考えが多い方、環境や人に振り回されて忙しい方、感情コントロールしたい方、穏やかに過ごしたい方などにおすすめのトレーニングです。

体験ご予約随時募集中です♪